流月亭
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

※殆どオリジナルな討鬼伝&chronicle3コラボ

政木=クロ3主人公男。武器はデフォルトの太刀&銃
九重=討鬼伝主人公女。武器はメインで双刀&サブで銃


九重「・・・自分の家が恋しいな」
政木「・・・あー・・・まあ、そうだよな。ずっと違う時代に居るんだもんなお前・・・そりゃ寂しくも・・・」
九重「だって武器は鍛えられるけど新しい武具作れないし、異界取得物をしまう場所も無いし」
政木「なるよなって情緒的な心配をした俺が間違ってたよバカヤロウ。
・・・てか、ん?しまう場所が無い?俺の部屋で良ければ貸すぞ?」
九重「え、いいの?」
政木「・・・まあ、何だかんだ織田とか武田とか豊臣とか徳川とか、あちこちに住居あったり貰ってたりするからな俺・・・
 あんまり使って無いし、構やしねえよ」
九重「本当!!えっとね、じゃあねー・・・妖火ぼんぼりと艶姿夜桜と淡雪と・・・」
政木「・・・へえ。中々綺麗だな。『異界』って聞くと禍々しい印象があるけど、案外そうでも無いんだな」
九重「あとは、コレとコレとコレと・・・・」
政木「・・・・。オイ」
九重「ん?」

政木「何でこの爪ねじれまくっているんだ?何の爪なんだコレ?」
九重「わからないよ!『謎の極爪』だからね!」
政木「何でこの根っこ赤く光っている上に動いてんだ?
九重「『脈動する根』だからね!」
政木「・・・何でこの法螺貝勝手に鳴ってんだ?
九重「『咆える法螺貝』だからね!」
政木「・・・。何でこのキノコ、信長様みたいな暗黒の波動を放っているんだ?
九重「『障気茸』だからね!食べても触っても多分死ぬから気をつけて!」


九重「どう?私の集めた異界取得物!!(`∇´)」
政木「略して異物だって事がよーーーーく解った。


---------------------------------------------------------------------
※異物【いぶつ】

1 普通とは違ったもの。違和感を与える奇異なもの。
2 体内に入ってきて、または体内に発生して、周囲の体組織になじまないもの。「目に異物が入る」「腹部の異物を摘出する」
3 死体。死骸(しがい)。             by デジタル大辞泉
 



ここまで文字を打った時点で手が真っ赤っ赤になっております。
今晩は。狐白です。雪ですねえ。
一昨年のような酷い大雪ではないものの、道が凍ってしまっているので危ないです。

手が真っ赤っ赤です。
手のひらの真ん中だけが白っぽくて、後は全部真っ赤っ赤です。
多分これは相当冷えてます私の手(経験的に)

2月~3月、なんだか木曜日の更新までもが怪しくなって参りました。
人手不足の所為です。
出来る限りは更新しますが、1日2日くらいお休みしてしまうかもしれません。


狐白さんは酔っ払っておりません。
今アルコールなんて摂取したら狐白さんは間違いなく I CAN FLAAAAAAAAAAAAAAAAY!!!!!! とか言い出します。
飛び出します。
飲む訳がないでしょう、いくら体があったまるからと言ったって!たかだか甘酒コップ一杯ですよ!!


手が温まらないのでお返事を書きます。
お返事ですよ!!

---------------------------------------------------------------------


10日>

碧使様>


あけました!!おめでとう御座います碧使様!!
年賀状有難う御座います!ちゃんと無事に届きましたよ(*´∀`*)
こちらこそ今年はザッツ手抜きまっしぐら!な年賀状になってしまって申し訳ありませんでした;;
今年はのっけから雪に見舞われましたがそちらは大丈夫でしょうか?
週末頃にも再び雪の予報が出ておりますゆえ、滑ったり転んだりしないようお気をつけくださいませ

腰に関するご忠告はとても耳に痛いところがあります(; ゚∀゚)
いや はい 腰とか
ピンポイントで重い物を持って腰ピキャン!とか変な音が内部から聞こえた事があのそのまあ、あったりしましたのであHAHAHAHA;;;;
力仕事必須の所ですので、仕方が無いと言えばそうなのですが・・・・

はい。気をつけます。お気遣い痛み入ります(深々)
碧使様も何卒お気をつけくださいまし;;;


気分的にも体力的にも、疲れた時は甘い物が良いそうです!!
いちごパフェ食べたいですね!!(*´∀`*)


コメントを有難う御座いました!!また今年も宜しくお願い致します!!!


Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.