流月亭 こういう本は割と好きです(*´∀`*)
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

こういう本は割と好きです(*´∀`*)
※舞台背景が江戸時代かもしれないがややこネタである(長い)

御題 : 伊賀者と甲賀者って

海野「鎌之助、袂(たもと)が縒(よ)れてますよ」
鎌之助「え?あ、本当だ・・・・んんん・・・アタシがよく動くからかなあ、変になりやすいのよ、ここの裾」
海野「はあ・・・そういう時はですね・・・・ちょっと失礼」
鎌之助「?なあに海ちゃん、それ・・・鉄砲玉?」
海野「ただの鉛玉ですよ。これを幾粒か袂落としにいれておくんです。こうしておけば乱れにくくなりますから」
鎌之助「あ、なるほど、重しをいれておくのね!!」
海野「多少腕が重くなりますが、馬鹿力持ちの貴女ならなんてことないでしょう。
 それに、いざと言う時は袖を振る事で武器や護身道具としても使えます。
 今入れた鉛玉は一粒十五匁程ありますので・・・まあ、相手の顔面にでも打ち付ければそれなりに効果はあるでしょう」
鎌之助「そっか!隠し武器なのね!!」
海野「そうです。これならば後ろから抱きつかれても、相手方の頭上や背中を攻撃出来るでしょう?
 ・・・・貴女も忍びの端くれならば、常日頃からこういうのを装備しておきなさい。その鉛玉は差し上げますから」
鎌之助「えへへ、そうだね!これなら身だしなみも整えられるし、女の子にとってはいい護身になるかも!!」


佐助「あーそっかその手があった」
才蔵「成程。そういう方法もあるな」
鎌之助「お?佐助ちゃんと才蔵ちゃん」
海野「・・・?どうしたんです、妙に感心なんかして・・・貴方方ならこの程度の隠し武器くらい知っているでしょう」
佐助「いや勿論知ってんだけどね?用途として忘れてたってーか、今まで思いつかなかったってーか・・・」
才蔵「まさに女ならではのものだったから、盲点になりかけてた。感謝する。海」
海野「・・・・はあ、そうですか。しかし、盲点って、何の・・・・・・・」


佐助「梅ー、梅ちょっとこっちおいでー。梅用にそれ袖直すからー!^^」(手招き)
才蔵「甚八。ついでにお前のも直すから、こっちに来い」(手招き)

鎌之助「・・・」
海野「・・・」
鎌之助「・・・」
海野「・・・」
鎌之助「佐助ちゃんと才蔵ちゃんって、普段は全然違うのに時々とってもそっくりさんなのね。
海野「そうですね・・・・。時々忍びとしてどうなんですかと頭が痛くなるくらいに分かりやすいですね・・・・。」、


---------------------------------------------------------------------
※根元は結構似ております(御題続き)

余談ながらに十五匁=大体10円玉11枚くらいの重さです。




最近テンションが上がらない
気分転換にさらっと簡単な読書でもしたい
何か笑えるような事はないだろうか。

そんなちょっとどんより気分の御方様にオススメしたい一冊が御座います。
かくいう私も本日偶然この本に出会い、立ち読みしてみたら思いっきり肩がプルプル状態になりました。


そんな本と言いますのが ズバリこちら
おかんメール」(←リンク先はamazonです)


携帯電話を使い慣れていないお母様方が、頑張ってお子様宛に入力したであろう携帯メール。
しかし受け取る子供側からしてみれば凄まじい謎と破壊力と時々恐怖を秘めている母からのメール。
どうしてこんな文面になっちゃったの!と思う反面、子供の事を思って、子供に合わせようと一所懸命に文字を打ってくれたんだなというどこか憎めない愛情も伝わってくる
面白くも暖かい一冊です。

携帯を使いこなせていない親御様が居られる方でしたら、きっと面白さも倍増&あるあるネタてんこ盛りかもしれませんw




ブログ拍手をくださりました御方様
拍手を有難う御座いました!!!

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.