流月亭 まずは炙る。話はそれからだ。
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

まずは炙る。話はそれからだ。
※ややこコラボネタ・・・になるのかな?

御題 : 鎮まり給え


鎌之助「ねえねえ佐助ちゃん!アタシも赤ちゃん欲しいな!!
 梅ちゃんか大助ちゃんのどっちか 頂戴?」
佐助「却下。


十蔵(相)「お宅のお嬢さんか甚八ちゃんを是非うちにくだすァアアアい!!!」(ガッ)←とても綺麗な土下座で
佐助「だが断る。


重綱「阿梅に一目惚れしました。」(真顔)
佐助「・・・・・・・・・。



――――



佐助「俺さあ・・・最近才蔵の気持ちってーか、暴走する理由が解ってきた気がすンだよね・・・・
才蔵「・・・九字護身法でも結ぶか?」
佐助「どんだけ深刻な事になっちまってンのよ ソレ結ぶって・・・・orz」


---------------------------------------------------------------------
※ややこネタでの佐助と才蔵は普段以上に気があっていると思います。 こう 保護者的な意味で。

※九字護身法=忍者のお馴染みの呪文である「臨兵闘者皆陣裂在前」の事です。
 この文言や表記される漢字の違いや印を切る、或いは結ぶ動作については色々複雑ですので割愛させて頂きますが、
 簡単にこの言葉の意味を言ってしまえば「臨める兵、闘う者、皆 陣裂きて、前に在り」
 更に砕いて言うならば・・・こちらには闘える兵士(神様仏様)が列を成して前に居る。だから悪鬼や邪気は皆去っていきなさい・・・・といった意味になるのでしょうか?
 護身法、と伝わる通りに、身を守り、邪気を祓う効力をもっていたりします。

 忍びがこの護身法を使う場合は、更に精神統一の意味も兼ねておりました。
 おそらく任務中などで高ぶった己の気を鎮め、集中力を上げる為に唱えていたのかもしれませんね。
 どこかの本か何かで見たのですが、とある死間(※死ぬ事が任務の忍び)がこの印字に対してこんな解釈をしていたのが印象に残っております。

 「闘いに臨む者・・・即ち死んでいく者は己一人だけではない。
 己の前にも、列なす程に死にゆく兵が居るではないか。
 恐れよ消えろ。恐怖よ去れ。己は決して、一人ではない。」

 ・・・忍びにとっての九字とは、護身の呪文と言うよりも「大丈夫」と己に強く言い聞かせる為の呪文、と言う意味の方が強かったのかもしれませんね。


 余談ですがこの九字印、一応陰陽道を含め色々なものが混ざっている呪術でありますので
 そうした訓練を受けていない方が無闇に結び、唱える事はあまりしない方が良いかな・・・と思います^^;
 正直私も怖いので、この九字印はあまり詳しく調べておりません;;;







今晩はー狐白です。
先日の記事では取り乱してすみませんでした^^;;
本日、雨の中ではありましたが、精神安定剤(と言う名のするめ)を買ってきましたので
ひとまず今日はこれを摂取して落ち着こうと思います。

・・・・ニコチンやアルコールを摂取するのと同じようなノリでスルメを摂取するってどうなんだ自分とかちょっと思ったりいたしましたがそこは狐白さんなので諦めました。


取り乱した理由ですが
先週金曜日にちょっと仕事先でお叱りをした御方がおりまして。
で、この前の金曜日に、ちゃんと私の言った事理解してくれたかな、失敗を取り返そうとしてくれるかな、覚えていてくれてるかな、という気持ちでお仕事を見ておりましたら、
あんまり私の(お叱り含めた)言葉が届いていなかったという事が判明いたしまして。


軽い絶望を贈られました。



その場でもう一度注意はいたしましたが・・・・
・・・今度こそ、ちゃんと言われる前に気づいてくれるといいな、と願ってやみません。
一々注意されるのだって、向こうからしてみれば気分の良いものではないでしょうしね・・・^^;;

何より・・・もう・・・・怒りたくないんですわたし・・・・・(涙)
わたしほんき 向いてないですからそういう・・・・そういうの・・・・・


注意をした以上は最後まで面倒を見るのが筋なのでしょう。
が、もしもこの先も言葉が届かず、心が折れてしまったなら、私はもう全てぶん投げるかもしれません。
勝手にしろ ってやっちゃうかもしれません。
残念ながら狐白さんは弱い人間なのですヨ・・・(ノД`)゜・。
やけ酒よろしくやけするめ・・・・焼きするめを摂らねばやってられない人間なのですヨ・・・(ノД`)゜・。



久々に無双の話とか不思議の国のパロディ話とか明るい話をしたかったのに妙に暗い話になってしまいましたね;;;申し訳無いです;;;
最近前みたいに明るい話題が中々無いなあ・・・・。
強いて言うなら、仕事先で新しく相棒に「夜の女帝」なる称号が付いた事でしょうか。
まあ。確かに夜面子女性陣の中では一番発言力もっていそうだもんなあ・・・(笑)



あんまり一つの記事が長くなるのもアレですゆえ、本日は申し訳なくもこのへんで・・・^^;

お返事はもうちょっと元気が出るまでお待ちいただけると嬉しいです;;;




ブログ拍手をくださりました御方様

拍手を有難う御座いましたァアアア!!!

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.