流月亭 ゲームの話
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

ゲームの話
※サンプルSSS

じわり水気(みずけ)の熱帯夜。
ふらり歩くは黒男(くろおとこ)
重く垂れ込む夜と空気のその中を、一人ふらふら廊下を歩く、
無表情なるその顔に、薄く滲むは温(ぬる)い汗。

何もせずとも蒸すが夜。
影なる男は井戸で水でも浴びるかと、ふらふらふらり、歩みゆく

ふと立ち止まり、部屋を向く。
何やら一瞬、男の視界に過ぎる光景(もの)があったのだ。

其処に居たは己(おの)が主の寝る姿。
風すら無しの寝苦しい、こんな夜であると言うのに、ころり転がるその様からは何の苦痛も見てとれず
すやすや羨ましい程に、気持ち良くに熟睡中。
しかしながらにその隣。己が主にべったり絡みつかれる『其れ』。
隣の顔とは正反対に、全面的に暑さで悶えて苦しむ姿が其処にはあって。

暑いならば、振り払えばよかろうに。
いいやそれとも己が主の馬鹿力。そう簡単にはほどけぬものであるのだろうか。
なんにせよ、こんなじっとり暑い中
絡みつかれて抱きつかれ、うぐぐと唸るその光景は見ているだけでも暑苦しい。

己の仲間で長でもある、苦しむ其奴にほんの少し哀れを含めた目をやって、
ふらふら男はそのまンま、何もせずに歩み去る。


 「あついあついと 思っていても
   三月もせぬうち 秋がくる、か」



じわり水気(みずけ)の熱帯夜。
ふらり歩くは黒男(くろおとこ)

飽きたというより、最早見るに慣れたと言うべきなのだろうか
男は小さく呟きながら、井戸の方へと消え去った。





ただ、それだけの話。

---------------------------------------------------------------------
※一応佐幸+才蔵・・・・かな?

都々逸ネタでSSを書いてみたかったので、SSSと言う形で少し練習してみました。
やっぱうちの面子で色っぽい都々逸は無理があるかなあ・・・・^^;;;
ちなみにこの都々逸、「秋がくる」の部分は「飽きがくる」と掛かっています。
深読みすると、それはそれで面白いですよね(笑)




猿飛佐助をようやく入手したぞぉぉおおおお!!!!


30~40回くらいはやり直したよ!!!!ホントもうこの子ったら出ないんだから!!!(涙)


今晩は。狐白です。
最近「討鬼伝」なるゲームをプレイ中で御座います。
言ってしまえばこれ、和風の狩りゲー。
モンスターならぬ鬼を討ち、その鬼の中に捕らわれている歴史の英雄達の魂を取り返してゆくゲームです。
信長や家康もいれば土方さんや坂本龍馬もいれば桃太郎や浦島太郎といったお伽話のキャラクターまで登場してくる、そんな中

狐白さんはずっと ずっと 猿飛佐助狙いで 同じミッションに 同じ大型鬼に 挑んでおりました。

この佐助を封じている鬼がですね・・・・極まれにしか戦場に現れないという特殊な鬼でして。
で、倒しても確実に入手出来るわけではなく、一定確率で入手出来るものなのです よ


もう本当・・・全然出なくてなきそうでした・・・・・


しかしようやく入手出来ました佐助。
結構可愛いかったです佐助。

佐助がいるのなら幸村もどこかに居るんでしょうけれども、今のところまだ出会えてはおりません。
三成様ならばGETしましたb
200以上もの英雄達が登場してくるらしいので、これから誰が登場してくるのか楽しみですvv




コメントお返事はもう少しお待ちください~;;;
申し訳なく;;;



ブログ拍手をくださりました御方様

拍手を有難う御座いました!!!

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.