流月亭 お知らせ
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

お知らせ
明日は恒例の1年に1度の旅の日ですゆえに、
明日の更新はお休みさせていただきます(深々)

・・・・・中々お返事が出来ない・・・・・orz

今回は、地元で相棒と楽しんでくる予定ですv



DQ7メモ>
・第1章が終了したよ!
・ずっと主人公の部屋で休めなかったけど・・・第2章から休めるようになる・・・っぽい・・・?
・フォロッドで泣いた。やっぱりこう・・・エリーの一言にグッときた。
・ユバールの曲は大好きです。もう本当、どれもこれも大好きです。
・思ったんですが、某教会にいる猫。話かけると体力が全回復するあのにゃんこ。しっかりと猫のボイスつきで鳴いてくれるあの子。あれ絶対にスタッフさんに猫好きがいますよね(笑)
・ガボと一緒に毛布の中ですやすや眠る狼さんにキュンときた(真顔)
・フィールドとか歩いている時にちらりと見える狼さんの肉球がたまらない。(大真顔)

・しかし改めて思います。7のストーリーは重くて生々しい。
・そう簡単に思い通りにはさせてくれないんですよね。7は。
 人は皆、過去も考え方も守りたいものも貫きたい事も違うのだから、意見も意識も生き方も、すれ違って行き違ってぶつかり合うのが当たり前・・・みたいな。
 だから誰の心にもしこりが残らない、完全なる気持ちの良いハッピーエンドなど、そう簡単には起こらない・・・みたいな。
・現に、第1章終了時点で、何も後腐れもなく、完全に満足して「めでたしめでたし」で終わらせることが出来たイベントって・・・エンゴウとオルフィーくらいだったと思います。
 ・・・・いや、あれもあれで不気味さや謎が残ったから、完全に気持ちの良い、とは言えないのあかな・・・?うーん;;

・でも、そんな生々しくも考えさせられるDQ7が、結局私は好きなのです。
・これからも楽しんで、悲しんで、感動して、プレイしていくつもりです★





・願わくば、せめてヘルクラウダーさんが強いままであらせますやうに。
 かなり手応えを感じたボスは、彼とアミーゴさんくらいしか思いつかない。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.