流月亭 もうボロボロ(色々な意味で)
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

もうボロボロ(色々な意味で)
※SSS・・・かな?




昔々、今はもう無い城の楼座(ろうざ)に、人形(ひとかた)の様に冷たい面(かお)の遊芸人(ゆげいにん)が居りました。
女の様に細く白い遊芸人は非常に身体が弱くあり、何時も寝込んでおりました。
けれども彼は見た目に反して迚(とても)も強い魂魄(こんぱく)が有り、どんな時でも決して己を見失わない心を持っておりました。

けれどもある日、この遊芸人の心の中に小さな鬼が生まれます。
其れは一切(いっさい)が氷で出来た、深く冷たい鬼でした。
鬼は緩慢(ゆっくり)と遊芸人の心の中で静かに育ち、やがて彼の思いや感情、心の音を糧(かて)として、一つ、一つと手当たり次第に食べ始めます。
(たの)しい嬉しい有り難い。他人(ひと)に対して持つ温もりを喜びを。
そんな心を千切っては、氷の腹へと収めます。
憎み嫉(そね)みに憤(いきどお)り。他者(ひと)にぶつける熱い猛りを煮える怒りを。
そんな情に喰らいついては、虚空の闇へと落とします。
辛い悔しい嘆かわしい。余人(ひと)と違(たが)えて滲む痛みを悲しみを。
そんな想(おもい)を咀嚼(そしゃく)して、鬼は益々成長します。
氷の鬼は遊芸人の身体の中から人の部分を齧り取り、どんどん大きく育っていって――――




やがて鬼は氷の心を抱いた儘(まま)に、遊芸人となりました。



---------------------------------------------------------------------
※望月六郎の事。

本当は小説の冒頭で使おうと書いた部分だったのですが、別の冒頭文句の方がしっくりきてしまったので却下となっちゃいました^^;
割と気に入っていたので、此方にアップしてみます。






雨です!
今晩は、狐白です。
なんか記事の頭にネタ系を書いたのも久々ですね;;;


扠、当方群馬は昨夜からずっと雨が降っております。
ぶっちゃけ今年の夏は雨が少なく、ダムの水に赤信号が出た程に群馬の貯水状況はヤバかったので、まとまった雨は迚も嬉しいところではあったの です が

寄りにも寄って狐白さん。この日は図書館と駅に用事があったりしたのです。



んでもって用事があるという自宅と図書館と駅。これが何とも

・自宅~図書館 = 自転車で約30分
・自宅~駅 = 自転車で約20分
・駅~図書館 = 自転車で約30分

・・・・という具合に見事に三角形な形で位置しているのですね。


・・・・はい。お察しの通り。
豪雨の中、この三角形を歩きで巡って参りました狐白さん。


図書館内での移動時間+帰りの時間合わせて3時間半強、ずっと歩き続けました。
もうね!家を出てから10歩目で車に盛大に飛沫を浴びせられたとかいっそ笑えたよ!!!
この後も道中36回くらい凄絶に飛沫をぶっ掛けられたからね!!ふざけんな狭い道の時くらいブレーキかけろばかやろう!!!!(涙声)


すっかりふやけちゃいました。足。どころか皮むけちゃいました。足;;;
結構HPもMP(メンタルポイント)もダメージ受けましたよこれ・・・・・恵みの雨とはいえこれはキツイ・・・・(涙)
しかしながらに狐白さん。また明日・明後日と、仕事関係で5時間以上立ちっぱなし&歩きっぱなしをしなければいけない状態です。


立ってられるといいな と思います。(読書感想文風に)





ところで真夏ではパソの熱暴走が怖くていじれなかった話を、最近ポツポツと書き始めていたりします。
しかし実は梅雨の頃から困っていることがあるんですよ。
ズバリパソ子さん。変換機能が使えなくなってきております。
いや、一発変換とかは出来るのですよ。大丈夫なのですよ。
しかしカタカナ変換とか、変換を何回か連打してしまうとフリーズしてしまいまして・・・^^;;;;;
割と頻繁にウキャー――――――――――――ッッッ!!!!って頭抱える羽目になっていたりします。

私のパソ子さんも結構長い間、頑張ってくれておりますし
多少の不備は仕方ないのですけどね・・・^^;

しかしもうちょっと気持ち良く文字を打ちたいという気持ちがあるのも又事実・・・


うーーーん。頑張ってくれいパソ子さん;;;




21日
20時に拍手をくださりました御方様
23日
11時に拍手をくださりました御方様

沢山の拍手を有難う御座いましたァアアア!!!





・・・・え?結局19日はどうなったんだって?
HAHAHAそれは聞かないでくれたまえ。
思い出すだけで狐白さんステータス異常:ひんしになっちゃうから。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.