流月亭 雪とうどんと半裸の闘い
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

雪とうどんと半裸の闘い
3月7日、寄りにもよってな雨が降る中、ドリ君と戦闘がてらに海野宿へと行って参りました。


以下はそんな紀行奇行文です。
ちょこっと画像がありますのでご注意ください(深々)


結構簡潔に参ります。
---------------------------------------------------------------------




・午前9時。何事も無く雨の降る中出発。
・久々に海野宿に行くよ!
・「よしじゃあ行くか!」と言った直後にすれ違うパトカー。
・あれなんか京都行った時も結構すれ違ったよねパトカー・・・?
・まあ深い事は気にしちゃいけないと気分を戻して、いざ海野宿へ!


道中の高速道路内で事故車を目撃。

完ッッッッッッ全に横転してました。おおお恐ろしい・・・!!!いきなり恐ろしい・・・!!!
・あれなんか京都行った時も事故車を見てしまったような・・・?
・気にしたら負けだ。と思いつつ言葉にしつつ不安を抱えてまだまだ走るよ!

・山に入った所為なのか、雨が段々霙に。そして仕舞いには大雪に。


狐白「・・・おかしい。おかしいぞ狐白さんこんな天気を京都行った時も見たぞ
ドリ「・・・あっはっは!!どうしようチェーン規制までされてる



前を走って居た車が突然パンクしたらしく、道路の真中で止まってしまっていた。
さらには反対側斜線でやっぱり事故ったのか、発煙筒が焚かれていた。

ドリ「いや雪の中で発煙筒って・・・・無理だろ!!!;;」
狐白「と言うよりも何ださっきからのこの不吉路線!!!;;;」


・ほとばしる不吉フラグに高まる不安。

ドリ「アイスバーンになってるから、気をつけて運転しないと俺等も事故る;;」
狐白「・・・・気をつけてください」
ドリ「しかし俺は眠い」
狐白「気をつけてください


・取り敢えずパーキングにて軽く休憩。
・ついでにガソリン補給。スタンドへ。
・スタンドにて。内部拭き用のタオルを渡される。
・が、このタオル完全なまでに水布巾。

ドリ「・・・」
狐白「・・・」

ちらりと目の前に広がる雪化粧を施した山を見る2名。
ちらりとアイスバーンになっているっぽい路面を見る2名。


我等の答えは一つであった。




今ここで薦められるままに窓ガラスを拭いたら、確実に山梨旅行の二の舞になる。(※フロントガラスが完全凍結した)



あんな真っ白な視界は御免被る。


・再び高速に乗るよ!
・だんだん深くなってくる雪。・・・・気のせいか霧まで出てきたような。
・気のせいじゃなかったと思った時には既に遅く、20M先の車の姿が見えない程に。
・太陽が出ていないのに眩しく感じる程に白い雪景色。そして連続で続くトンネル。
 =ブラックアウト→ホワイトアウト→ブラックアウト→ホワイトアウト

ドリ「Σ 目がぁぁあああぁぁああぁぁぁあああッ!!!!!」(涙)
狐白「Σ これは痛い!!!痛いしキツい!!!;;;



狐白「しかし、京都と言い今回と言い・・・・・何故こうも雪の日なんだ」
ドリ「まったく・・・駄目じゃないか狐白、雪を降らせちゃ」
狐白「すまないがそれは私の台詞だ。」
ドリ「・・・・や、違うな、雪ってのは水分とある程度の乾燥が必要だから・・・・。」
狐白「・・・」
ドリ「・・・つまり、晴れが50%、雨が50%。
狐白「それなんて合体アビリティ?
ドリ「アビリティ名『ブリザード』!
 条件として狐白とドリが揃う事、その2人の力が拮抗する事、そして更なる一定の条件が揃った時でのみ発動可能」
狐白「・・・ああ、また変なアビリティ取得しちゃったか・・・・orz」
ドリ「あっはっはっは!!!!神様俺こんなオートアビリティいらない!!!



・そんなこんなで上田に到着したよ!

狐白「・・・そう言えば、雪の日に海野宿に行くのって初だね」
ドリ「おお!言われてみれば確かに!!」

・さぞ風情があるんだろうな、なんて言いながら高速を降りる2名。
・「あれ、どっちの道だったっけ」なんて事を言いながら、ちょっと右の小道へと曲がるドリ。
・が、この小道、なんだか妙にUターンな形で曲がっている。
・嫌な予感に襲われる2名。
・駄菓子菓子、車が入ったこの道は綺麗なまでに一本道。横に曲がる事も道から逸れる事も出来ない訳で

狐白「・・・なあ、ドリよ」
ドリ「・・・・」
狐白「なんか・・・嫌な予感がするんだが」
ドリ「俺もそう思ってた・・・」
狐白「まさか・・・・・まさかこのまま再び in 高速・・・なんてこと、ないよな?」
ドリ「HAHAHAHAHAそんなまさか・・・・そんなまさか!!!



そして見えた『ETC車』と言う文字の看板。




次いでまもなく高速道路の入り口が見えてくる。






ドリ「そんな馬鹿なぁああああああああああああ!!!!!!」(悲痛)









――――かくして、我等は10秒足らずで上田の町を後にした。






さらば、なつかしの上田の町よ。






またいつか、季節が変わりし頃合に我等は再びこの地を訪れようじゃあないか・・・!



















なんて我等が素直に引き下がる訳が無い。









※およそ10分後。

ドリ「今度こそ到着したぞ上田ぁあああああ!!!!」
狐白「10分ぶりだね!ただいま上田の町!」


・そう。この2人。延々と乾いた爆笑をしつつも約7km先にあった次の高速の出口で降り、そのまま下の道を通って約10分で再びこの地へ舞い戻ってきたのである。

まさかな10秒で上田上陸終了なんて無いわ。これは無いわ。

・雪の中、その後は無事に海野宿へと辿りつく事が出来ましたv





雪の海野宿

雪の中の海野宿。




奇妙な黄色い奴が画面右側に写っておりますが、気にしてはいけない方向で。


・物凄く京都旅を思い起こす雪の量。
・しかし音が違う。京都の時は特に音も無く降って居た雪がここではバタタタボタタタと半端無い。
・見た目は雪でも中身は霙なのだろうか、水分がかなり多い。そして落下速度が滅茶苦茶速い。
・そんなこんなで海野宿の某うどん屋さんへ。ああ、久々だ・・・・。



格子窓から


ここのお店は春夏秋冬いつ来ても風情があって好きです。

のんびりと心が安らぎましたv




・その後、駐車場へと戻り暫し休憩。寝不足だったらしいドリがお休みタイムに突入。
・なんかBGMでも掛けた方が良いかななんて思った狐白さん。「遥かなる故郷」(FF5)を流してみる。
・結果、1分足らずでドリ君爆睡。
・結局、1時間程ドリ君熟睡。
・どんだけ疲れて居たんだ、君・・・。


・群馬に帰るよ!
・この頃にもなると雪も結構収まってきていたので、比較的スムーズに群馬へと帰ることが出来ました。
・そのまま家の近くにある某公園の駐車場へ。


さあ、バトルを始めようか。(初期ディシディアの)

※ディシディア=ディシディア ファイナルファンタジー。PSPのゲームでFFのキャラ達を使った格闘ゲームです。

・ドリの使用キャラ= 主にティナ(魔法重視キャラ)
・狐白の使用キャラ= 比較的素早さが高いキャラをオールラウンドに(でも一番使い込んでいるのはクラウド)
・ドリのティナはね!侮っちゃ駄目だからね!!!あれほんと恐いからね!!!!(涙)
・見た事もないくらいに攻撃的なティナ。狐白さんあのティナには近付くことも遠ざかることも恐くて出来ない程です;
・Lv差?装備?関係無いね!油断したら魔力を尋常じゃない程上げたメテオとメルトンのハメ技がくるぞ!!


・勿論真剣勝負だけでなく、時々(と言うよりもほぼ)遊んで闘ったりしているよ!

・それではそんな遊びの様子をダイジェストでどうぞ。

※結構大胆にFFのセフィロス×クラウドな要素がありますのでご注意を。

それぞれの台詞は実際に狐白とドリがそのバトル中に喋っていたものです。












狐白使用キャラ クラウド
ドリ使用キャラ セフィロス

闘いの舞台 混沌の果て(マップが兎に角狭く、一切の障害物が無い)


・バトル・スタート!


クラウド「・・・」
セフィロス「・・・」
クラウド「Σ 何でお前アナザーなんだぁあああああああ!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)」
セフィロス「ははははは」


・セフィロスのアナザー = 上半身裸
・加えてセフィロス = 笑みを浮かべている表情がデフォルト


スタート開始直後にいちなり不意打ちをくらったクラウド(プレイヤー)。思考も行動も一瞬ピタリと停止します。
そしてそんなこちらの状態を相手が見逃す訳もなく、フリーエアダッシュで一直線にこちらに向かってくるセフィロス。




ジャンプを3回もすればすぐに端から端まで辿りつくほどに狭いマップの中





異様に長い刀を持って向かってくる男






笑みを浮かべながら飛んでくる英雄






凄まじいスピードで真っ直ぐこちらに向かってくる半裸の男










この時、出だしが遅れて不覚をとってしまったクラウド(プレイヤー)に瞬時に湧き上がる一つの感覚があった。
















戦 慄















クラウド「Σ 来るなぁああああああぁぁぁああぁぁあああ!!!!!!」(緊急回避)


恐いとか恐怖なんてシロモノではない。あれは避けなければ全てが終わる。
侮りがたしアナザーフォーム・・・・・まさか姿が変わっただけであんなにも・・・・あんなにも近付き難くなるな ん て・・・・ッ!!!
たかが第2衣装じゃないか。脱いだだけじゃないか。ジェクトと同じじゃないか。
なのになんだこの近付いてはいけないと訴えてくる尋常でない危機感は。

必死の思いで緊急回避をとったクラウド(プレイヤー)、兎に角奴から離れねばと慌ててその場から逃げ出します。
しかしセフィロス、避けられたにも関わらず再びフリーエアダッシュでこちらに突進。


クラウド「Σ ギャアアアアアアア!!!!」
セフィロス「ふははははは」
クラウド「Σ こっちに来るなァアアアア!!!!」
セフィロス「ふははははは」
クラウド「Σ 飛んでくるなァアアアアア!!!!!」
セフィロス「はははははは何故逃げるクラウド
クラウド「Σ アンタに捕まったら色々と終わりだからだァアアアアア!!!!!


上記にもあるように、マップはただひたすらに狭い。
加えて身を隠すような障害物さえない。
そんな空間内を、唯一あるカオスが坐って居た椅子に駆け登るくらいまで必死で逃げ回るクラウド(プレイヤー)と笑いながらそれを追いかけるセフィロス。

ふとセフィロスがマップ中央で止まる。
「よ・・・ようやく諦めたか・・・?」と思いっきりマップの隅の壁際で走る足を止めるクラウド。
・・・が、どうやらそれを待って居たらしいセフィロス、再びフリーエアダッシュにて一気に距離を縮めてくる。
正直に言おう。この時緊急回避のタイミングが遅れて一瞬セフィロスと壁とのサンドイッチ状態になった。


再び立ち止まるセフィロス。しかし今度はマップの隅にて停止。
「ま・・・・また、こちらの動きが止まったところを狙っているんじゃ・・・」と、警戒心剥きだしでそんなセフィロスから一番離れたマップの壁際で様子をうかがうクラウド。

途端、セフィロスが攻撃技「ブラックマテリア」を使用。

やっと攻撃モードに入ってくれたか!!(涙)なんて変な疲労感を覚えたクラウド、でもこれでやっとまともな闘いになるとちょっと安心感もあったり。
が、セフィロスの攻撃は基本範囲がえらく広いので、この狭いマップ上では油断なんてしてはならない。
タイミングを見計らって、上から飛来してきたブラックマテリア(と言うかメテオ)を右方向に逃げる事でなんとか回避!
メテオ落下の衝撃により、一瞬ホワイトアウトする画面。

次の瞬間






一番遠いところに居た筈のセフィロスが目の前に居た。



クラウド「Σ いつのまに目の前に来たーーーー!!!!!??;;;



フェイントかぁああああああ!!!!チキショウ攻撃モードはフェイントかーーーーー!!!!!(涙)
どうやって一瞬でここまで来た!!!?ああうんそうだよね!フリーエアダッシュだよねわかるけど!!!わかるけど!!!
視界がひらけた瞬間いきなり目の前に笑みを浮かべた半裸の男って!!どんだけ心臓に悪い!!!



逃げてばかりのクラウド、けれどもやっぱりこちらからも攻撃しなければ勝てない訳で。
勿論それは承知の上。そろそろこちらからも仕掛けなければ。
じっと相手を睨むクラウド。


充分に距離を置いた地点にて動かないセフィロス。仕掛けるならば今だろう。
前述の通り、セフィロスの攻撃は範囲が広い。こちらから攻撃するならば、一気にフリーエアダッシュで間合いを詰めて、至近距離から攻撃を仕掛けたほうが・・・・


・・・・。


・・・しかし、何故だ。



何だこの威圧感。




フリーエアダッシュを使ったが最期、そのままキャーッチ!!!!とかされた挙句に、熱い抱擁(ベア・ハグ)でもされかねんようなこの不安は何だ。






と・・・飛び込めねえ・・・・・ッ




勿論DFFにそんなコマンドなんて無い。無いのだがあの男に飛び込んで行くのは妙に恐い。







・そんな追いかけっこを30分以上続けながらもなんとかクラウド(プレイヤー)、セフィロスに勝利。この戦闘だけは負けたら駄目だ。
・結論として、アナザーのセフィロスはある意味で最強だと思いました。
・ごめん・・・ごめんよクラウド。今までネタだとしか思っていなかった。半裸の英雄があんなにも恐かったなんて知らなかった(涙)
・ちなみにクラウドで闘う前、ウォーリアで同じマップ・同じ相手(アナザーセフィロス)と勝負をしたのですが、
 こちらはセフィロスに追い掛けまわされた時、「ノーマル(フォーム)になって出直して来い!!!」と一撃必殺で撃退されていた事をここにお伝え致します。





・その後、夕食時に訪れた焼肉店の座敷部屋にて、座席が掘り炬燵的な作りになっているのに気付かないまま正座をしようとして、うっかり右膝から窪みに落ちたとか
・その時丁度トイレに行っていたドリ君が、間違えて隣の座敷の扉を開けていたとか
・その後二人して半泣き笑いのような表情をしたまま顔を合わせ、

 「「まさか今の見ていたのか!?」」
 「「え、何のこと?」」

となったとかなんて話はここだけの秘密。





そんな雪とうどんと半裸の闘いな7日でした。
なんだか文章が滅茶苦茶で済みませんでした^^;



ちなみにそんな狐白さんの対ドリとの勝率 = (今日を含めて)今のところ29勝4敗


がんばれ!わたし!

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.