流月亭 実話小ネタログ 2
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

実話小ネタログ 2
こちらは日記で書いた実話ネタのログ集(通称ドリログ)です。
日記小ネタログとは違い、100%ノンフィクションです。



主に管理人とその周囲の方々(特にドリ)しか登場致しませんので、興味の無い御方様はご容赦下さい(深々)


<このログでの主な登場人物>

狐白 = 当サイト管理人。晴れ属性らしい。
ドリ = 数々の伝説を生みだした狐白の友人。何故か当サイトにて莫大な人気を持つ。
朱鷺 = 狐白の相棒。ドリとは宿敵。
友人T = 狐白の高校時代の友人。普通の人。
---------------------------------------------------------------------


――――実話小ネタログ――――





狐白「まぁ、思ったより元気そうでよかった」
ドリ「おー、言っとくけど元気と空元気は違うからな」
狐白「・・・。まあ、ドリ君なら一緒だろう」
ドリ「何故!?
狐白「・・・何となく。ドリ君だし・・・」
ドリ「うん。そうか・・・・。・・・・・わりぃ俺今何に対して納得していいのかわからねえ。そこんところ説明してくれ」
狐白「えーと・・・私の言うことは全て正しいと・・・
ドリ「お前は何処の独裁者だ!!!


狐白「まぁ、疲れてるならゆっくり眠れ」
ドリ「おう」
狐白「安らかに
ドリ「オイ
狐白「その方が疲れもとれるだろうが」
ドリ「確かにそうだがな、うん。確かにそうなんだがな!!!ちょーっとお前とは一度会ってゆっくり話し合わないとな、うん。」



あ、『私の言うことは全て~』云々は冗談ですのでご安心を。


---------------------------------------------------------------------
※2007、4月22日の日記より。

疲れていたドリ君。


---------------------------------------------------------------------


友人T「んー・・・なんつーかさ、小説、もうちょっと読みやすくしてみたら?」
狐白「・・・具体的には?」
友人T「例えば・・・文体を変えるとかさ、もうちょっと現代風に横文字つかってみれば?
  人のイデオロギーとか、バイタリティーとかを主体にしているんでしょ?だったら別に学園パロとかでもいいんじゃないかな?タイトルを英語にしたりとかさv」

狐白「・・・・・・」
友人T「どう?v」



狐白「え、ごめんさっきのイデオロギーとかってどういう意味?
友人T「え、そこから!?



わ、私は和風テイストでしか書けないんだぁああああああ!!!!(ノД`)゜・。


---------------------------------------------------------------------
※2007、4月28日の日記より。

狐白さんが学パロや現パロを書けない理由。


---------------------------------------------------------------------

狐白「そっか、もう誕生日だっけ・・」
ドリ「おう」
狐白「んじゃ、折角だし何かお祝い・・・」
ドリ「止メテクダサイ」(即答)
狐白「何故」
ドリ「何か・・・お前の事だから、祝いと称してバリカンで襲うとかそういう事考えてるだろ!!


狐白「よく判ったな」
ドリ「図星かこんにゃろう!!!


---------------------------------------------------------------------
※2007、5月8日(ドリ君の誕生日)の日記より。

何故か即答で断られたハッピー・バースデー


---------------------------------------------------------------------

※日記文


頭痛、まだちょっと痛いです。
寝る前に「痛いの痛いのドリあたりに飛んでいけ~」とか念じていたら多少痛みが退きました。
でも何とか昨日よりはマシに成りましたので、お話一本、下に更新致しました。


何か受信しちゃったら御免ね。ドリ(爽やかな笑顔)


厄よけのお守りがあるから大丈夫だとは思うけれど・・・でもあれ、私があげた物だから効かないかなぁ・・・?


---------------------------------------------------------------------
※2007、5月20日の日記より。


---------------------------------------------------------------------

※日記文を含みます。


久しぶりにドリと電話でお話致しました。
矢っ張りドリ。頭痛が発生していたそうで・・・・(今月20日の日記ヨリ)
ちなみにドリのサイトの21日の日記にも記載されておりました。


ドリ「・・・・今、何と?(←声裏返っている)
狐白「だから。20日に頭痛がして、寝る前に「痛いの痛いのドリあたりに飛んでいけ」ってやったら、本当にちょっと楽になっちゃって。そしたら次の日ドリの日記に頭痛を訴える文が・・・」
ドリ「ちょっと待て。群馬から横浜までどれくらいの距離があると思ってんだ!!?

狐白「・・・冗談だったのだが」
ドリ「冗談で飛ばすか。冗談で飛ばすな。


狐白「ん。御免・・・」
ドリ「・・・」
狐白「かっこえがお
ドリ「うん『かっこ』いらねぇから。声でどんな表情してるか解るから」

狐白「そうか」
ドリ「第一お前、謝るって誠意が感じられねぇし」
狐白「誠意・・・か」(考)


ドリ「・・・」
狐白「・・・」
ドリ「・・・」



狐白「も゛ 申し訳ねェだよ・・・・お舘ざばぁあああっ・・・!(ノД`)゜・。」

ドリ「・・・」

狐白「どうよ」
ドリ「何だろう今頭の先から足の先まで痺れが走った・・・あれ何コレ、何これ。 寒気?



・・・シツレイな。

久しぶりの会話は矢っ張り楽しかったのですv

明後日には群馬に帰ってくるみたいですので、暇があるならば会いたいです。
そんなドリから一つの忠告を頂きました。




「とりあえずお前、本物の地獄少女になるなよ?」




ど う い う 意 味 だ 。




いっぺん奴の耳元で「かごめかごめ」でも唄ってやろうと思います。


---------------------------------------------------------------------
※2007、5月25日の日記より。


---------------------------------------------------------------------

ドリ「何で俺に電波一点集中とかそんな事に成ってンだ!?」
狐白「・・・?ドリが「他の人に迷惑をかける電波はやめろ」と言ったんだろう」
ドリ「うん言ったけどな!!?確かに言ったけどな!!!?それでどうやったら俺に繋がるンだよ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)」
狐白「『他の人に迷惑をかける電波はやめろ・・・代わりに俺が楯になる』・・・って意味なんだろう」
ドリ「違ェエエエエエエエエエエ!!!!!
狐白「勇者だな。感動した」
ドリ「嘘つけぇええええええええええええ!!!!!
狐白「だから一点集中とか出来るように」
ドリ「止めてくださいホント一点集中とか俺確実に死ぬんで」
狐白「大丈夫。私はドリを信じている」
ドリ「何を!!!?」
狐白「生命力の強さを」


---------------------------------------------------------------------
※2007、6月19日の日記より。

信じています(2回目)


---------------------------------------------------------------------

ドリと電話中、左肩つけね(項側)を攣ってしまいました。


狐白「痛い・・・痛い・・・」
ドリ「・・・」
狐白「ドリ・・・。「痛いの痛いのとんでけー」って・・・」
ドリ「やらないで下さい」
狐白「駄目か」
ドリ「ちょ お前のは本当に飛んでくるンで勘弁してください
狐白「・・・狐白さんは電波なんてそんな能力無い・・・」
ドリ「嘘つけぇえええ!!!!

狐白「・・・まぁ、攣った程度だし、すぐに痛くは無くなるだろうけど・・・」
ドリ「・・・」
狐白「?どした?」
ドリ「うん。何かね、首筋が何だか痛くなって来たンですけど

狐白「・・・。」
ドリ「・・・。」

狐白「あら
ドリ「あら、じゃねェエエエエエッ!!!ちょ、本気で何か痛くなって来てるンですけどォオオオオオ!!!?」Σ( ̄ロ ̄lll)



あれだ 気の所為だ。



ドリ「お前さァ・・・電波とか極めようとすンじゃねェぞ」
狐白「道はまだまだ遠いから」
ドリ「うん極めようとしているが前提の返事だよな、それ!!!
狐白「狐白さんは電波なんて無い」
ドリ「うん誰も信じねェから。・・・ったく、その為の練習台とか一体誰に・・・」


狐白「・・・」
ドリ「・・・」


狐白「え、名前言うべき・・・」
ドリ「言わないでください。


---------------------------------------------------------------------
※2007、6月22日の日記より。

病は気からですよ ドリ。


---------------------------------------------------------------------

※日記文



相棒・朱鷺、ドリ、ツクと旅に出て参ります。
ゆえに30日、1日の更新はお休みさせて頂きます。

嗚呼、絶対又何かが起こる・・・もう断言出来る処が怖い・・・(遠い眼)
旅行記を書くためにも、頑張れ狐白の暗記能力・・・。


ドリと朱鷺の電話同士が何故か通じないそうです。
メールを送っても届かない。電話を掛けても繋がらない。
他の相手には普通に通じるのに、何故か互いに対してだけは通じないそうで。

そんなドリと朱鷺が出した結論。




「「お前の妨害電波かこの野郎ォオオオオオ!!!!!」」













出来るかそんなこと





---------------------------------------------------------------------
※2007、6月29日の日記より。

スパイか私は。


---------------------------------------------------------------------

ドリ「お前さ。俺に何か言う事ない?」
狐白「・・・?」
ドリ「熟睡中の俺に対して言う事ない?」
狐白「あー・・・寝ていたお前が悪い」
ドリ「オイ
狐白「ん?違うな・・・お父さんいつも有り難う・・・」
ドリ「それも違うよな


---------------------------------------------------------------------
※2007、7月3日の日記より。

熟睡中のドリにプチドリ狩りを決行した翌日の会話。


---------------------------------------------------------------------


ドリ「仮定の話だけどさ」
狐白「?」
ドリ「ザビーの人形が発売されたら買う?」
狐白「・・・・。サイズは?」
ドリ「等身大」
狐白「等身大・・・ならいらん」
ドリ「じゃぁもっと小さいヤツ。130㎝とか」
狐白「まだ大きい。・・・せめて掌サイズなら」
ドリ「買うのか」
狐白「まぁ、一つくらい」
ドリ「買うんだ!!;
狐白「その時はドリ。お前の髪を一本よこせ」


ドリ「・・・」
狐白「・・・」


ドリ「あ、御免今「一本でいいのか?」とか普通に訊きかけた;」
狐白「じゃあ全部
ドリ「嫌に決まってンだろォオオオ!!!じゃあ、って何だよ!!!
狐白「駄目か」
ドリ「やれねぇな」
狐白「じゃぁ眉毛」
ドリ「そういう問題じゃねェだろ!!!自分の髪使え!!!」
狐白「え・・・だって自分のじゃ効果無いし」
ドリ「ん?今【効果】とか聞こえたンですケド」
狐白「幻聴だ。ドリ」


---------------------------------------------------------------------
※2007、7月7日の日記より。

何故七夕にこんな話をしていたのか(じっと手を見ながら)


Comment

 秘密にする

たまにゃ昔の記事をみるのもいいな(笑)
ドリ | URL | 2012/07/29/Sun 09:38[EDIT]
今更だが
この四人組で一番に平等平和平穏からかけ離れているドリ君には言われたかないですよ

朱鷺さんただの通行人Tですから。●戸●門で言ったら風車の人ポジションです

ところでラッキードリ計画の目印はたすき?バナナ?仮面?どれにする?
朱鷺高 | URL | 2011/01/24/Mon 22:05[EDIT]
みな平等
俺だけアンケートに名前があるというのは不公平だからなw
ツク・朱鷺を追加させてもらったb(ツクのフルネームはでてないから ツクさんとしてみt)
ドリ | URL | 2011/01/24/Mon 17:55[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.