流月亭 実話小ネタログ 1
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

実話小ネタログ 1
こちらは日記で書いた実話ネタのログ集(通称ドリログ)です。
日記小ネタログとは違い、100%ノンフィクションです。



主に管理人とその周囲の方々(特にドリ)しか登場致しませんので、興味の無い御方様はご容赦下さい(深々)


<このログでの主な登場人物>

狐白 = 当サイト管理人。晴れ属性らしい。
ドリ = 数々の伝説を生みだした狐白の友人。何故か当サイトにて莫大な人気を持つ。
---------------------------------------------------------------------


――――実話小ネタログ――――




先程、友であるドリ君から電話がありました。


ドリ「もしもーし」
狐白「どした?」
ドリ「あ、ゴメン間違えた」(ガチャ★)



何なんだ、コラ。


---------------------------------------------------------------------
※2006、9月22日の日記より。

風の如く突然に来て、風の如く唐突に去った一場面。


---------------------------------------------------------------------

※ちょこっと日記文も含みます。



さてさて本日。
狐白さんとんでもない衝撃を受けました。


ドリ君のサイトのお客様がこのサイトに訪れてくださっているらしいのですよ。

ドリ君のサイトは某オンラインゲームを中心とされております。
ゆえに、我がサイトとはまっっったくジャンルが違うのです;
くわえてドリ君のサイトの方には、私のサイトへのリンクは繋げていない筈・・・;;


~in 電話~

狐白「ななななな・・・!!!Σ( ̄ロ ̄lll)」
ドリ「あっはっは!!まぁいいじゃないか、客が増えて(笑)」
狐白「うそぉおおおおお!!!!!だだだだだってお前ッ、私のサイト、おまッ!!Σ( ̄ロ ̄lll)」
ドリ「はっはっはっは!!!!」
狐白「だっ!!アレ、同人とか普通に・・・あ、あれ、時々『メイプルドリーム』とかで検索かかってきているのはそれかーーーーーー!!!!;;


は、恥ずかしいーーーーーー!!!!!

だだだだだって、普通に私同人とかアンソロとかそういうネタとか・・・
Noooooooooooーーーーーーー!!!!!


---------------------------------------------------------------------
※2006、10月18日の日記より。

衝撃の事実を知った狐白さん。大パニックに陥る。

ちなみにリンクが張られていない云々は、あくまで当時の話です^^;
今現在ではちゃんとドリ君のサイトから当サイトへリンクが張られておりますのでご了承下さい。


---------------------------------------------------------------------


ドリ「あそこの遊園地の観覧車は本気で恐かった」
狐白「観覧車?何故?」
ドリ「・・・俺と同じく高所恐怖症のお前が其れを聞くのか
狐白「そうか理由がよく解った。」



ドリ「はっはっは!!まぁ今度お前も連れてって・・・」
狐白「嫌だ。」(きっぱ)
ドリ「遠慮するな!連れてってや・・・」
狐白「嫌だ。

ドリ「・・・」
狐白「・・・」


ドリ「・・・『嫌だ』禁止!!!
狐白「断る。」(きっぱ)

ドリ「・・・」
狐白「・・・」


ドリ「『こ』と『と』と『わ』と『る』の単語使った言葉禁止!!!」(ビシイッ)
狐白「拒否だ。」(ズバッ)

ドリ「・・・」
狐白「・・・」


狐白「日本語って難しいよね!」(爽笑)
ドリ「本当になコノヤロォオオオ!!!!


---------------------------------------------------------------------
※2006、11月15日の日記より。

ちなみにこの実話話は、日記上では元親(ドリ)と元就(狐白)に置き換えて小ネタとしてアップされておりました。


---------------------------------------------------------------------

ドリ「俺の友達、北海道に居るんだよな」
狐白「へえ。メル友だけど私も沖縄に友人が居るよ」
ドリ「そういや京都にも居たっけか・・・これで鹿児島あたりにも居たら訪れる時便利なんだけどなぁ・・・」
狐白「君の友人は何故にそこまで各地に散っているんだ。」

ドリ「あ、いや待てよ!鹿児島にも居た!!・・・よっしそれじゃあ今度自転車で訪れてみるかー!!はっはっは!!!」
狐白「・・・群馬から鹿児島までか?」
ドリ「いや!鹿児島まで行くんだったらいっそ沖縄まで!」(どどん)


狐白「・・・海を渡るのか・・・」
ドリ「・・・」
狐白「しかも自転車で、か・・・・」
ドリ「・・・」
狐白「・・・」
ドリ「・・・。お前今何を想像した?


狐白「海上を自転車で走りながらイルカと共に夕陽に向かって走っていくドリの姿が
ドリ「よしとりあえずファンタジー世界から帰ってこい


狐白「大丈夫。ドリ君なら出来ると信じている」
ドリ「お前は俺を一体何だと思ってんだ!!てか信じられても俺が困る!!


---------------------------------------------------------------------
※2006、11月19日の日記より。

だってドリ君だし(魔法の言葉)

ちなみにこの実話話は、日記上では元親(ドリ)と元就(狐白)に置き換えて小ネタとしてアップされておりました。


---------------------------------------------------------------------

※↑のその後


狐白「・・・そうだよな。普通に考えたら自転車で行けば海底を走る事になるよな。」
ドリ「そこじゃねえ!!エアタンクでも背負って行けってか!?それでも普通に死ぬからな!!??」
狐白「・・・君ならきっとシュノーケルでもいけると狐白さんは思・・・」
ドリ「出来るかーーー!!!」


ドリ「大体な!!今冬なんだからな!!こんな時季に海なんかに入ったらそれこそ凍るわ!!」
狐白「身体にグリースでも塗れば」
ドリ「狐白さん狐白さん。アレそんなにもたねぇって知ってる!!!?;;


ドリ「あのな。第一海の中じゃ方向感覚狂うだろ?」
狐白「海底コンパスとか」
ドリ「Σ 俺は潜水艦か!!!?


---------------------------------------------------------------------
※同じく2006、11月19日の日記より。

止まる事を知らない二名。


---------------------------------------------------------------------

※ちょこっと日記文も含みます。



血液型ってAとA、BとB、OとOが一番相性がいいとドリ君から聞きました。
ABは忘れてしまったようです;

A型はおっちょこちょいで策略家、几帳面・・・。
B型はわがまま
O型は面倒見が良い・・・との事でした。


狐白「・・・AB型は?」←AB型
ドリ「・・・忘れた」


忘れないでよABを・・・。


ドリ「でもな~、お前の二重人格は血液型から来てるんじゃないか?
 夜とかはB型性格で、朝になったらA型性格に変貌するとか(笑)」
狐白「・・・。じゃぁ夏の間だけに起こる夢遊病みたいなのは?」
ドリ「それはお前の血が突然変異起こして新しい『C型血液』に成ってる時なんだよ、きっと。
狐白「・・・オイ


AB型の基本性格ってやっぱり二重人格なのでしょうか。
私、一応AB型なのですが。
ドリ君に言わせれば「電話をする度に印象が変わっている」らしいですし
「いきなり性格とか雰囲気が変わる」と言われたこともあります。


ドリ「ちなみにABとOはお笑いコンビらしいよ」
狐白「マジですか」
ドリ「おう。何か芸能人のお笑いコンビとかも、ほとんどがこの組み合わせらしい。ちなみにABがツッコミ」
狐白「へえ」
ドリ「・・・。でもお前の場合・・・見ていて完璧にボケだよな」
狐白「・・・」
ドリ「狐白が完全な天然ボケ。で、O型であるお前の相棒が完璧なツッコミ。」

狐白「・・・」
ドリ「・・・」


狐白「・・・逆じゃん・・・。
ドリ「・・・逆だな・・・・。


---------------------------------------------------------------------
※同じく2006、11月19日の日記より。

血液型談話。


---------------------------------------------------------------------

※ある日のチャットログ


ドリアドス> けせぇええええええええええええええええ!!Σ( ̄□ ̄)! (2/28 Wed 02:29:58)
ドリアドス> やめれぇええええええええええええええええええええ!! (2/28 Wed 02:30:08)
狐白> やだ (2/28 Wed 02:30:11)
狐白> 保存 (2/28 Wed 02:30:17)
ドリアドス> お主はSか!!こんにゃろう!! (2/28 Wed 02:30:18)
ドリアドス> 子供みたいにダダこねるんじゃねぇえええええええええええ!! (2/28 Wed 02:30:31)
狐白> こんなハイテンションな寝惚け声聞いた事がない (2/28 Wed 02:30:42)
狐白> Sだ(きっぱ) (2/28 Wed 02:30:48)
ドリアドス> ハイテンションって・・・イや・・・ 仕方ないかと・・・っておい!! (2/28 Wed 02:31:09)
ドリアドス> Nooオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!! (2/28 Wed 02:31:20)
ドリアドス> Nooォオオオオオオオオオオオオオ!!! (2/28 Wed 02:32:01)
ドリアドス> ノゥォォォオオオオオオオオオオオオオオ!!! (2/28 Wed 02:32:12)
狐白> ・・・(←面白い人だと思っている) (2/28 Wed 02:32:22)


---------------------------------------------------------------------
※2007、2月28日の日記より。

どういう状況だったのかはご想像にお任せします(笑)


---------------------------------------------------------------------

※日記文



また変な夢を見ました。
昨日の事だったのですが、また変な夢を見ました(二回言った)


あのアフロの人を誉めろと誰かから命令された夢です。
何故アフロなのかは不明なのですが、真っ黒な見事なアフロでした。
とても背が大きい男の人でした。
命令でしたので、「ふさふさで羨ましいですね」と素直に誉めましたら、
その人はにっこりと嬉しそうに微笑えんで

「貴方にも差し上げましょうか?」

と、言ってきましたのです。


でも私はアフロは要らないので「私はいりませんのでドリにあげてください」と素直に答えました。
「赤がいいですか?青がいいですか?」と聞かれましたので、「レインボーで」と答えました。
その人ははいはいと柔和な微笑みを浮かべながら頷いて、「ではこれはその人の夢の中でお渡しします」と言いました。
「その人に似合うといいですね」と言われたので、「きっと似合うでしょう」と返しました。


その人が夢に出てきたら御免。ドリ。



---------------------------------------------------------------------
※2007、3月14日の日記より。

アフロ事件・前編


---------------------------------------------------------------------

※日記文


3月14日に記事でちょっと書かせて頂いた夢のお話です。
はい。あのアフロの夢の続編なのですが




何かレインボーなアフロがドリの夢に登場した模様です。




あ~あ・・・・(←やっちゃった感)


あの人・・・本当に届けてくれたんだ・・・・
いや、確かにあげてくださいと言ったのは私ですけれど、そんな、わざわざドリの夢に・・・・・。
私のあんな拙い誉め言葉にここまでしてくれて有り難う御座います、アフロの人・・・(感嘆)


私の電波の所為じゃないと言い張る。


---------------------------------------------------------------------
※2007、3月19日の日記より。

アフロ事件・後編

---------------------------------------------------------------------

※絶賛花粉症中の狐白さん in 電話


狐白「ひぇっきし!!」(くしゃみ)
ドリ「・・・何か今電話の向こうで変な音が」
狐白「気の所為だ」(ずび)
ドリ「そうか。気のせいか」
狐白「そうだ。お前は熱が出ているんだ。自覚しろ」
ドリ「いや自覚するのはお前だろ!!!


狐白「狐白さんは花粉症なんだ!!!」(ずびっ)
ドリ「花粉症?大変だな。俺生まれてから一回も花粉症に成ったことがないから解らないけど」
狐白「貴様いっぺん黄色い花々に埋もれてこい
ドリ「いや、俺杉の木に囲まれた処で生まれたから」

狐白「・・・・野生児!?」
ドリ「おい
狐白「・・・・狼少年!!!?」
ドリ「どうしたらそんな発想が出てくるんだおい!違う!!」
狐白「いや、だって、ねぇ!?」
ドリ「ねぇ、じゃねぇ!家の周りに沢山杉の木が生えてたんだよ!」
狐白「・・・そっか。何だ。びっくりした」
ドリ「吃驚したのはコッチの方だ!!何だ俺はかぐや姫か!!!」
狐白「月に帰るのか!?いや、杉だから違うか。木から生まれた子だから・・・・・・」
ドリ「きのこじゃねェか!!!!


---------------------------------------------------------------------
※2007、4月13日の日記より。

信じられるか?これ純度100%素なんだぜ・・・・


Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/01/20/Thu 16:24[EDIT]
俺の負け(((
いいよ…

オレ…

フィクションでいい・・・くねぇえええええええ!!

ここのサイトはあれだよね?!
日記を書いてもいるけれど、本質違うよね?!
狐白よく言ってるよねぇ? 自分の言葉を曲げたりはしないって!

これどぉなん?! 思いっきり主旨と違くね?!違うよね?違うでしょ!
な、頑張ったのはわかるが、やめようぜ!


・・・・と言ったとしても
狐白(仮)
→アンケートでトップを記事にすると公言しているし、人気者だから(パァッ!)


…こうして、ドリ、、、ドリアドスはノンフィクションからフィクションへ進化するのであった。
ドリ | URL | 2011/01/20/Thu 00:24[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.