流月亭 日記小ネタログ 69
BASARA風味な日記&模造創作忍びが中心のサイトです。苦手な御方様はご注意ください。

日記小ネタログ 69
日記で書かせて頂いております小ネタログ集。

パラレルの小ネタ達です。
獣化などのパラレルばかりですのでご注意ください。


DQ9ネタが多いです。

---------------------------------------------------------------------


――――日記小ネタログ――――


※in DQ9の彼等

御題 : 続・クエスト179


 『ヘルミラージュ が あらわれた!』

甚八「目的・・・モンスター・・・!」
鎌之助「きゃーーっ、いらっしゃいなの~~!!>▽<」
海野「・・・仕方ないですね、不本意ですが私もツッコミ・・・もとい、「ぬすむ」の役目に回る事にします。不本意ですが。
小助「何故二回も言った今
海野「鎌之助、甚八、貴方達は私達より素早さが高いですから、何とか先手を打って敵に「ボケ」をお願いします。」
甚八「・・・頑、張る・・・!」(こくん)
鎌之助「よーっし!それじゃあさっそく笑わせちゃうぞ!一番手、鎌ちゃん行っきまーーす!」(バッ)
小助「あ、オイ!さっきも言ったように、「ボケ」も「盗む」も成功確率がそんな高く無ェ筈だから、長期戦は覚悟しと・・・・」


 Σ 会心のボケ!(ババン)

 ヘルミラージュは笑いのツボにはまった!!』



小助「け・・・・は?
甚八「・・・」
小助「・・・」
海野「・・・」
鎌之助「・・・・会心、出ちった★


---------------------------------------------------------------------
※そのタイミングで会心を出すとか流石と言うか何と言うか・・・ by プレイヤー

そして3ターンくらいで目的アイテム(ボクのパンツ)は無事に盗む事が出来ました。水の羽衣(レアドロップアイテム)と共に。


やっぱりこのパーティーは何かおかしいと思います。
何か・・・何かこう・・・タイミング的な・・・・一撃必殺的な・・・


---------------------------------------------------------------------


※in DQ9の彼等+通信世界の彼等コラボ一発ネタ

御題 : 本日の戦果


・ボス戦を除いた戦闘回数=7
 その間に出た会心の一撃回数=3
 敵から盗んだ(落ちた)アイテムの数=5
 攻撃をはじいた(避けた)回数=3
 ダブル攻撃を行った回数=1
 カウンター回数=1




リゼ・アズール「「まず会心の一撃頻度がおかしいと思う」」(どきっぱり)
海野「・・・・そうですか?」


---------------------------------------------------------------------
※実話ネタでもある。

しかし此方側では日常茶飯事。むしろそろそろ会心の一撃に慣れてきた現状。


ちなみに↑コレをやらかした大半は鎌之助。


---------------------------------------------------------------------

※in DQ9の彼等

御題 : 書くのを忘れていたクエスト108事件


海野「・・・」(ふらふら)←HP・1
甚八「う・・・海、大丈、夫・・・?;;;」
小助「・・・な、訳ゃ無ェだろどう見ても;;しっかし幾ら依頼たァ言え、何でわざわざHPを1にまでしなきゃならねェんだか・・・」
鎌之助「わぁあああん御免ね海ちゃん!!アタシが代わってあげられたらよかったのに!!。゚゚(´口`。)°゚。」
小助「泣く程の事じゃ無ェだろ!!つか、鎌!確か依頼ァ、『戦闘中、HPが1の仲間に「HPパサー」を使用する事』なンだろ?
 ・・・今ン所、其の技ァ覚えてンのは手前ェだけだろが。それじゃあ代わったッて意味無ェよ;」
鎌之助「そうだけど・・・でも、だからって海ちゃんじゃなくっても・・・海ちゃん、一番装備が弱いのに・・・」
小助「その割にゃ防御力は高ェけどな。
海野「そうですよ、鎌之助・・・。駄々を言っても仕様が無いです。それに依頼を行うにあたって条件が良いのはこの中では私だけなんですよ・・・。
 鎌之助は勿論、小助はHPが高いので、戦闘中ずっと私を「かばう」事が出来ますし、甚八は蘇生呪文が使えますから、万が一私が倒れた時の為に必要ですし・・・・」(ふらふら)
甚八「・・・・・でも・・・・・;;」


 『ブラウニーがあらわれた!』(ドン)


甚八「Σ !」
小助「ッと、来やがったな」


 『ブラウニーはこちらが身構える前におそってきた!!』


甚八「Σ !!!?Σ( ̄ロ ̄lll)」
鎌之助「Σ 嘘!先手!?Σ( ̄ロ ̄lll)」
小助「Σ ンだと!?ッくそ、守りが間に合わね・・・オイ!やべェぞあの野郎海を狙ってやがる!!Σ( ̄ロ ̄lll)」


 『ブラウニーの攻撃!』(バッ)


鎌之助「きゃあああああッ!!海ちゃん逃げてぇえええええっ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)」




 『ウミのカウンター!!』ズバッシュ




 『ブラウニーに●●のダメージ!

 ブラウニーを倒した!』(ちゃらり~♪)





小助「・・・」
甚八「・・・」
鎌之助「・・・」
海野「・・・?何ですかその目?


---------------------------------------------------------------------
※HP・1とは、決して闘えないと言う意味では無いと言う事を証明してくれた海野さん(※瀕死)

お前はどこのヒュンケルだ。(←解る人だけ解るネタ)


---------------------------------------------------------------------

※in DQ9の彼等

御題 : コスプレの称号を入手しよう!

in 宿屋の二人部屋

海野「突然ですが、コスプレをしようと思います。」(どどん)
小助「・・・・・・・・ぁア?」(←本日の同室者)
海野「いえね、通信異世界での仲間に聞いたのですが、今、宿屋に訪れている勇者や歴代の仲間達・・・・彼等の衣装を完璧に身につけると、衣装に合わせて称号が貰えるらしいのですよ。」
小助「歴代の仲間・・・ああ、そういや宿屋に泊まりに来てた有名人っつー奴等から服やら装飾具やら結構貰ってたよなお前」
海野「ええ、その衣装も沢山集まりましたし、称号も貰えるとの事ですので、ここらで一つコスプレをしてみようかと^^」
小助「・・・まあ、良いンじゃ無ェのか?今は依頼も溜まって無ェし、宿屋ン中だし・・・」
海野「そうですか、小助がそう言ってくれるなら・・・では、ちょっと暫くゴソゴソと煩いかもしれませんが、大目に見てくださいね^^」

小助「・・・」
海野「では先ずは・・・これと」(がさごそ)
小助「・・・」
海野「これと・・・これと・・・」(がさごそ)
小助「・・・ちょっと待て。ンだその衣装。
海野「マーニャ専用の装備ですが?

小助「Σ ンでいきなりそンなやべェ衣装から入ンだよ!!!阿呆か!!!わざわざンなモンから着なくてもローブ系とか色々有ンだろが!!!!
海野「まずは着替えやすいのからやろうと思いまして」(ごそごそ)
小助「Σ そして脱ぐな脱ぐな脱ぐな!!!まだ俺が目の前に居ンだぞ馬鹿野郎!!せめて別室行くか俺が部屋から出てってからやれ!!」
海野「別に気にしませんよ、減る物でなし。そもそも私、心は男のままですし」(ごそごそ)
小助「Σ 俺が気にするッてンだ!!!てか心が男のままならまずそンな装備を選んで着てみようとなんざ思わねェだろがァアアアア!!!Σ( ̄ロ ̄lll)」


---------------------------------------------------------------------
※そんなこんなで海野さんは只今コスプレショーの真っ最中です。

ちなみに今の所「結構海野さんに似合っているかも」と思った装備は、ビアンカとククールです。

ゲーム内では海野さんは女性なのに、女性専用装備をさせてみると違和感しか湧かないと言う罠。


---------------------------------------------------------------------

※in DQ9の彼等

御題 : 続・コスプレの称号を入手しよう!


小助「・・・ったく、結局本当に着替えやがったしあの衣装・・・・;(頭痛)」←in 別室
海野「小助!!!大変なんです!!!」(ガチャッ)←そしてドア・開
小助「Σ だから入って来ンじゃねェエエエエエッ!!!しかもよりによって着てンのはデボラの衣装かよ!!!」Σ( ̄ロ ̄lll)
海野「称号が・・・取れないんですよ」
小助「オイ無視か!!・・・ってか、はァ?称号だァ?
 マーニャの衣装ン時ァお前ェちゃんと貰ってたじゃ無ェか。」
小助「ええ,其の他の衣装も色々試してみたのですが・・・・一つだけ、どうしても称号が貰えない物がありまして・・・」
小助「?単純にまだ装備が全部集まってねェだけじゃねェのか?」
海野「いいえ、装備は全て揃ってます・・・ただ、私では着れないだけでして・・・・これなのですが。」(スッ)


小助「・・・」
海野「・・・」
小助「・・・」
海野「・・・」
小助「・・・・・。ぁンだこれ」
海野「見ての通り。ハッサンの装備です
小助「・・・・・。着てェのか?
海野「『旅芸人の証』でも装備出来なかったんですよね・・・」
小助「・・・・・。なあそこまでしてまで着たかったンか?


---------------------------------------------------------------------
※ちなみに小助に全装備をさせてみても称号は貰えませんでした。

ここまで来て何という罠(涙)

ハッサンの称号は男主人公しか貰えない・・・ので せうか ね・・・・? orz


---------------------------------------------------------------------

※in DQ9の彼等

御題 : クエスト115~友情出演編開幕~

to ガナン帝国領城内本棚前

海野「・・・ちょっと待ってください。」
小助「ンだよまた本棚か」
鎌之助「海ちゃんってば本当に本が好きなのね~」
海野「ええまあ・・・何だかこうした廃墟にある本などには色々と重要な事が書かれていそうな気がしません?」
甚八「あと・・・レシピ・・・とか、あるかも・・・錬金の・・・」
小助「まァ確かにな」
鎌之助「・・・お?ねえねえ海ちゃん!この本なんか如何にも怪しくない?」
海野「『大賢者のヒミツ』・・・・?」
小助「ァんだそりゃ。見るからに胡散臭ェ名だな。」
甚八「どんな・・・内容・・・本・・・?」
海野「ちょっと待ってください。ええと・・・」(ペラ)


百地「・・・・ぁア・・・・?(_ _)。゚zzZ」

海野「Σ !!
小助「Σ !!
鎌之助「Σ !!
甚八「Σ !?
百地「・・・・・・誰だよ・・・・僕を起こすのは・・・・。折角寝てたのに・・・・(_ _)。゚zzZ」
甚八「え・・・・・え・・・・!!?Σ(゜д゜≡;゜Д゜)」
鎌之助「本が・・・」
小助「喋っただぁあ!!!?Σ(゚Д゚;ノ)ノ」
百地「・・・うっせえよ・・・何の用・・・?僕の弟子にでもなりたい訳・・・・・?(_ _)。゚zzZ」
海野「・・・・・いいえ」
百地「・・・・あっそ・・・・残念・・・・。(_ _)。゚zzZ」


海野「・・・」
鎌之助「・・・」
百地「・・・(_ _)。゚zzZ」
海野「・・・」
甚八「・・・」
百地「・・・(_ _)。゚zzZ」
小助「・・・・。ンだこの才蔵みてェな本は。


---------------------------------------------------------------------
※畏れ多くも某御方様の日記の文面に触発されて書いてしまいました(笑)

そしてまさかの新展開が開幕。

ゲーム内での大賢者のように可愛い台詞回しは出来ませんが、それでも幾つかネタが出来てしまったので、また暫くこのネタが続くと思われます。

大賢者好きの皆様へ。
とても 御免なさい。


---------------------------------------------------------------------

※in DQ9の彼等

御題 : クエスト116~友情出演編~

in ガナン帝国領城内本棚前

百地「・・・(_ _)。゚zzZ」
海野「大賢者殿、大賢者殿・・・」
百地「・・・ねむ・・・(_ _)。゚zzZ」
海野「起きてください大賢者殿」
百地「・・・・ねむ・・・・ぁア・・・?何・・・?誰だよ・・・(_ _)。゚zzZ」
海野「お休みのところ済みません。貴方から依頼を受けた者です。
 無事に達成出来ましたので、ご報告に・・・」
百地「・・・依頼・・・・?ああ・・・確か自分にバシルーラを使って・・・1回も着地しないで世界一周しろって・・・・言ったんだっけ・・・。
 ・・・がんばったね・・・(_ _)。゚zzZ」

甚八「・・・;」
鎌之助「・・・」
海野「・・・それは過酷な依頼ですね・・・
小助「てか受けた奴居たンか ンな依頼を


---------------------------------------------------------------------
※おかしい犠牲者の姿が普通に浮かんだ。

ちなみに「バシルーラ云々~」の台詞は、ゲーム中で大賢者から本当に言われます。


---------------------------------------------------------------------

※in DQ9の彼等

御題 : cheer girl


鎌之助「『おうえん』って海ちゃんしか出来ないのね~」
小助「元天使・・・だったからか?確かに俺等ァ覚えねェよな」
甚八「けど・・・助かる・・・・戦闘、特に・・・」
海野「・・・」


――――


海野「そんな訳で、今度異世界(マルチプレイ)へ旅立つ時は、白いTシャツと赤いスカート、ポンポンの代わりにブーケを持って行こうかと」
小助「確実に一撃で死ぬぞお前。


---------------------------------------------------------------------
※応援するならば格好もそれに合わせた方が良いと思いません? by 海野

俺ァんな格好の海なンざ見たかねェ。 by 小助

マルチプレイでの海野さんは主に『応援』要員です。
ちなみにマルチプレイの時は、十中八九がLv90以上の魔王戦です。


---------------------------------------------------------------------

※童話パロディ

御題 : ヘンゼルとグレーテル

in 夜の姥捨て山奥


才蔵「・・・。見事に捨てられたな」
甚八「・・・無い・・・目印・・・パンの・・・どこ?」
才蔵「・・・多分、獣や鳥に食われたな。仕方が無いとは言え、矢張り食物を目印としてばら撒くのは失敗だった」
甚八「・・・・・どう、しよう・・・」

才蔵「・・・」
甚八「・・・」
才蔵「・・・」
甚八「・・・」←夜目が利く
才蔵「・・・」←夜目が超利く



――――




才蔵「ただいま。」(がちゃり)
佐助「ああうん予想はしていたけどね?お前等白い石とかパンの設定必要なくね?


---------------------------------------------------------------------
※堂々と帰ってきやがった。

余談ですが、この時暑さで頭がどうにかなっていたらしい狐白さんは、
ヘンゼルの名前を入力する時、「あれ、ヘンデルだっけメンデルだっけデンゼルだっけ」・・・と5分程真剣に悩みました。
・・・もうね、それ作曲家だし法則だしFF7だし。


---------------------------------------------------------------------

※模造伊賀忍で童話パロディ

御題 : ヘンゼルとグレーテル

in 魔女の館前


才蔵「・・・・・。」
五右衛門「・・・・。迷ってたとは言え、こらまた随分変な場所に出ちまったなあ;;」
才蔵「・・・お菓子の家・・・割と美味しそう」
五右衛門「・・・食う気か?
 いやいやいや止めとけ。こんな山奥に有るんだ。相当痛んでいるか虫食ってるぞ;;」
百地「・・・・それは無いよ・・・そうならないように・・・僕が魔法を掛けたから・・・・・←二人の背後から

才蔵「・・・」
五右衛門「・・・」
百地「・・・」
才蔵「・・・」
五右衛門「・・・」
百地「・・・」




間。



五右衛門「いやホント勘弁してください俺等ただの通りすがりなんて!通行人なんで!!お菓子の家なんて一っ口も食べていないんで・・・・・Σ イヤーーーー!!!!この魔女絶対ェ倒せねえイヤァアアアアアアーーーッ!!!;;」(ずるずるずるずるずるずる)




バタン。←扉・閉


---------------------------------------------------------------------
※\(^o^)/


Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 流月亭. all rights reserved.